2021年の事業計画と採用方針

投稿日: カテゴリー: 事務所トピック

2021年の求人・採用方針

事務所方針

2021年1月、当事務所では新たな事業年度を開始しました。

新型コロナウイルス感染拡大が続く中、昨年の事務所業績は、新型コロナの影響は最小限にとどまり
売上・顧問先数ともに順調に増加して過去最高を更新、開業以来の7期連続増収・関与先増達成の見込みとなりました。

これも、事務所サービスの品質維持、顧問先や外部関係者からの信頼関係によるところであり、事務所職員メンバー全員の不断の努力と成果によるところだと考えています。

 

福岡県の税理士業界は二極化が相当程度進んできており、会計事務所の優勝劣敗の傾向は鮮明となっています。

当事務所は、これまで通り勝ち組のポジションを維持しつつ、さらなる発展に向けて課題を明確化し継続的に改善を進めていく必要があります。

 

そのためにも採用に当たって、毎年継続成長してきたこれまでの流れに乗り、本年度もさらに事務所を高いレベルに引き上げて行きたいと考えています。

当事務所では、ここ数年の急拡大に伴う課題を整理するともに、将来への布石となる戦略をまとめ、事業計画を立案、実行しております。

また、福岡で税理士業界で頑張りたい方に、今までにもまして、有益なポジション、待遇を提供していきます。

そして、安心して働いていただく環境整備(新型コロナウイルス等の感染防止策の徹底、福利厚生の拡充、AI・IT導入と積極活用、事務所移転など)も併せて進めていきたいと思います。

当事務所のコンセプトに共感いただける方々からのエントリーをお待ちしております。

 

宮川公認会計士事務所

代表 宮川英之